ペットに優しいフロアコーティング

異常気象が続く昨今、ペットは室内で飼うのが常識になってきています。気温差に弱いペットの場合は、一生涯を室内ですごすこともあるのではないでしょうか?
ですが、ペットにとっては意外と室内にも危険が多いのです。
人間にとっては何のこともないことでも、大怪我や命にかかわることもあるので注意が必要です。特にワンちゃんにとって厳しいのが床材なのです。
犬の足腰は案外もろい
フローリングはペット、特にワンちゃんにとっては危険がいっぱいです。つるつるすべり、爪は痛み、関節に負担がかかり脱臼や疲労、ストレスにつながります。
wjtyd
早急に対処するにはフローリングにカーペットを敷く、という方法が手っ取り早いのですが、犬種によってはカーペットの段差でつまずいたり、ダニやアレルギーで皮膚病を発症したり、と新たなトラブルの種でもあります。そこでお勧めなのがフロアコーティングです。

フロアコーティングで快適生

さまざまな種類があるフロアコーティングですが、滑り止め効果が一番高いのはシリコンコーティングと言われています。素の状態の二倍の滑りにくさで、耐水性に優れているので、おしっこなどのトラブルにも対応できます。また、コンタクトレンズなどに使われるシリコン素材なので、なめても安全なのが特徴です。
どんな素材でもフロアコーティングをすることで耐水性、滑り止め効果は上がります。予算や工期なども考え、愛する相棒に負担がかからない方法を選びましょう。
フロアコーティングというと、フローリングをつやつやのピカピカにするイメージがありますよね。
美しく光る床、なんだか滑りそうというイメージを持っている方も、意外なお値段の高さに「せっかくきれいにしてもどうせ子どもが汚すし、ワックスでいいか?」と諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

長持ちがうれしい!コスパを考えるとフロアコーティング

市販のワックスを塗ろうとすると前のワックスをはがす作業から始めなくてはいけません。剥離作業を怠ると、シミのような状態で汚れが定着してしまいます。フロアコーティングは剥離ができない半永久タイプと、ウレタンコーティングなど、剥離剤ではがれるものがあります。はがせるタイプでも耐久は5年〜と長く、半年に一度塗り足しが必要なワックスに比べると、10倍以上長持ちします。

むしろ安全? フロアコーティングの安全性

ピカピカの床ですべると思われがちなフロアコーティングですが、むしろストッパーがかかり滑りにくくなります。最も滑りにくいと言われるシリコンコーティングは、素のフローリングの二倍滑りにくいと言われています。小さいお子さんが床を舐めても大丈夫、赤ちゃんやペットにも安全なフロアコーティングはクリーンリバブルでどうぞ!
クレヨンやマジックなどの油汚れにも強く、水ぶきで拭き取ることもできます。また水に強いのでおもらしなどの粗相や食べこぼしはしっかりはじくので汚れが定着しにくく、しっかり拭き取ることもできます。
おうちでワックスをかけるとどうしてもママの手は煩わされます。フロアコーティングには即日で終わりすぐ入室できるものもあります。お子さまのためにきれいで安全な部屋にしてみませんか?

更新情報

◆2015/07/09
ペットに優しいフロアコーティングの情報を更新しました。
◆2015/02/19
運営者情報の情報を更新しました。
◆2015/02/16
種類がたくさん!フロアコーティングの情報を更新しました。
◆2015/02/16
安心のできるフロアコーティングを新規投稿しました。
◆2015/02/13
子供やペットのいる家庭に!フロアコーティングの情報を更新しました。